中村明珍「ダンス・イン・ザ・ファーム」

       出版記念トーク 〜チンと周防大島探訪〜

渋谷落語リサイズ.jpg

2021年7月29日(木)開演19:00 (5/8の振替公演)

 

- 出演者 -

 

中村明珍

立川談笑

角張渉(カクバリズム)

酒井大明(Ohayo Mountain Road)

阿部海太郎

星野友里(ミシマ社)

柳家緑太と柳亭市童(ラップ落語)

周防大島らくごに出演の立川談笑師匠による落語もあります。

 

- 会 場 -

渋谷区文化総合センター大和田伝承ホール

渋谷区桜ケ丘23-21

 

- チケット - 

料金(席) 前売3,000円 当日3,500円

 

チケット発売中

ローソンチケット Lコード32953

立川企画 TEL03-6452-5901(平日10:00~18:00)

5/8のチケットをお持ちの方はそのままご利用いただけます。

 

〜寄り道バザール メール予約〜

 

- メール予約 -

必要事項を明記の上 yorimichibazar@outlook.com までメールをお送りください

 

 

▶必要事項

 

・枚数

・お名前

・発送先ご住所

・連絡先お電話番号

 

立川企画さまよりチケットと郵便振替用紙を一緒に発送いたします。

 

 

▶チケット代の他に配送手数料200円が別途かかります。

▶寄り道バザールより5日以内に「受付完了」メールを送信いたします。

 

当日は出版記念のTimKerrデザイン!Tシャツ、ポスター等販売します!

皆様にお会いできるのを楽しみにしております!

 

 

- 問い合せ -

立川企画03-6452-5901(平日10時~18時)info@tatekawa.jp

http://www.tatekawa.jp/

談笑さん正方形.jpg

立川談笑(落語家)

古典落語もブラックジョークを入れた大胆な改作で独自の世界観を作り上げている。

1965年(昭和40)9月23日生まれ、東京都出身 早稲田大学法学部卒業

1993年(平成5)3月立川談志に入門。前座名「談生」

1996年(平成8)二ツ目昇進

2003年(平成15)「六代目 立川談笑」となる

2005年(平成17)10月真打昇進


TVレポーター(フジテレビ「とくダネ!」)

TOKYO FM(落語千金〜お金を学ぶ落語の時間〜)

 

著書「超(スーパー)落語!」、立川談笑、唐沢俊一共著 アスペクト刊

CD「立川談笑落語選集」「薄型テレビ70% off」「ラクダ、ぼげゲェ」「イラサリマケー」「福建より愛をこめて」DVD「金環日食の愛」他

 

ホームページ http://www.danshou.jp

チン正方形.jpg

​中村明珍(農家・僧侶)

1978年東京生まれ。

2013年までロックバンド銀杏BOYZのギタリスト・チン中村として活動。

2013年3月末に山口県・周防大島に移住後、「中村農園」で農業に取り組みながら、僧侶として暮らす。また、農産物の販売とライブイベントなどの企画を行う「寄り道バザール」を夫婦で運営中。

 

2021年3月、ミシマ社より新刊『ダンス・イン・ザ・ファーム~周防大島で坊主と農家と他いろいろ』を刊行。

渉君正方形.jpg

角張渉(カクバリズム)

1978年仙台市生まれ

インディペンデントレーベル、マネージメント会社カクバリズムの代表。

YOUR SONG IS GOOD、cero、思い出野郎Aチーム、二階堂和美、VIDEOTAPEMUSIC、mei ehara、スカート、Homecomingsなどジャンルレスで個性豊かなバンド、アーティストが多数所属している。

レーベルは今年で19年目を迎えている。

カクバリズムホームページ

https://kakubarhythm.com/

IMG_2953.JPG

酒井大明(Ohayo Mountain Road)

酒井大明 フォークからハードコアまで世界中の音楽を愛して止まないレコード中毒者。休日はレコードを眺めたり磨いたりして過ごす。
Ohayo Mountain RoadとTHE BITEの歌とギター。元BREAKfASTのGt。元ExclaimのVo。元OACで色々。

Instagram https://www.instagram.com/hiroakisakai138/

Twitter https://twitter.com/hiroakisakai

海太郎くん正方形.jpg

阿部海太郎 作曲家

作曲家。クラシック音楽など伝統的な器楽の様式に着目しながら楽器の今日的な表現を追求する。楽曲のみならず、コンサートの企画やアルバム制作など、すぐれた美的感覚と知性から生まれる音楽表現に多方面より評価が集まる。蜷川幸雄氏に見出されその劇音楽を数多く手がけたほか、舞台、テレビ番組、映画、様々なクリエイターとの作品制作など幅広い分野で作曲活動を行う。音楽を手掛けた作品に、インバル・ピント&アブシャロム・ポラック演出『100万回生きたねこ』、『百鬼オペラ 羅生門』、森山開次演出・振付『星の王子さま ーサン=テグジュペリからの手紙ー』、NHK『日曜美術館』テーマ曲、ドラマ『京都人の密かな愉しみ』など。2020年に6枚目のアルバム『Le plus beau livre du monde 世界で一番美しい本』を発表し、21年5月に同作の12インチアナログ盤をリリースした。

 

写真:ホンマタカシ

阿部海太郎 Umitaro ABE

https://www.umitaroabe.com/

星野友里(ミシマ社)

1982年東京生まれ。京都大学教育学部卒業。証券会社を経て、2010年に、小さな総合出版社・ミシマ社に入社、主に編集を担当。最近担当した作品は、『菌の声を聴け』(渡邉格・麻里子著)、『ダンス・イン・ザ・ファーム』(中村明珍著)、『ないようである、かもしれない』(星野概念著)など。

ミシマ社ホームページ

https://mishimasha.com/

柳家緑太と柳亭市童(ラップ落語)

2017年より柳家緑太と柳亭市童「ラップで落語」を始める
2021年5月アースデイ東京に「ラップで落語」を配信出演
柳家緑太と柳亭市童 - YouTube

 

柳家 緑太(やなぎや ろくた)

2009(平成21)年11月柳家花緑に入門

2010(平成22)年5月前座となる 前座名「緑太」

2014(平成26)年11月1日二ッ目昇進

2018(平成30)年第29回北とぴあ若手落語家競演会奨励賞

https://www.facebook.com/rokutayanagiya

柳亭 市童(りゅうてい いちどう)

2010(平成22)年2月柳亭市馬に入門

2010(平成22)年9月11日前座となる 前座名「市助」

2015(平成27)年5月21日二ツ目昇進「柳亭市童」と改名

2018(平成30)年第四回渋谷らくご大賞

https://twitter.com/ryutei_ichido